我が道をいく

2019年は、”我が道をいく”と、2種類の占いにありました。

占いは、その時の気分で、当たっているとか当たってないとかだと

思うので、絶対的だとは思いません。

どこかしら当たるものだとは思います。

ただ、年を越した問題が残っていて、

いろいろ考えさせられます。

来週月曜日から、事務所は明けますが

その前に考えさせられています。

顧問先が増えるのは

もちろん嬉しいのですが

それだけだはいけないとも分かっています。

親やパートナーが税理士でないのに

税理士を目指し、独立している状況は

ある意味、我が道をいっているともいえます。

さらにということなら、

大改革が必要となりますし

痛みも生じます。

今後の人生にとっては

それがいいのかもしれません。

その勇気を持てるがどうか。

前の記事

お正月

次の記事

仕事初め